備忘録

twitterでは収まらないこと恥ずかしいこと

「サラバ!」西加奈子

個人的な感想なのでネタバレ普通にあります。

 

「サラバ!」西加奈子

いまさらながら。直木賞受賞とはいえ?あまりにもピックアップされているので(自分の好きな作家だから余計目についただけかも)、一体どんなエキセントリックな話なんだろうと。装画も今までのよりかなりごちゃっとしていて、違うステージなのかもしれないと思った。

のだが、よく見知った西加奈子だった。拍子抜けと安堵感が50:50。

400ページほどの上下巻というボリュームのせいでもあるけど、西加奈子が、西加奈子の今までの作品が詰まっているような作品だった。「信じるものを見つける」「信じるものは自分で決める」ってのは「きりこについて」で感じたことだし、須玖の富士山のくだりは「白いしるし」を思い出した。一貫として西加奈子

歩の出生と西加奈子の出生は被っているし、最終的に歩がやっていることも含めて少し自伝的なところもあるのかな〜、つまり西加奈子はこういう事を常々思い伝えたい(伝えたいというか消化・昇華したい?)のかしらね、と思いました。インタビューとか全然読まないので見当違いかもしれないけど。