備忘録

twitterでは収まらないこと恥ずかしいこと

2016

一週間は過ぎるの遅いが一年はあっという間じゃの。2016年も終わるでしかし。

毎年何かしらあってそこに引っ張られることは多いが、2016年はまんべんなく色んなことがありすぎた。こんなにも色々ある年は大人になってから初めてだな。

 

2016年のトピックスとして、わたしの世界で一番大好きなバンドBase Ball Bearの世界で一番大好きなギタリスト湯浅将平がいなくなってしまったこと。

とってもつらい。24年間の人生で初めてリアルに死んでしまおうかと思ってしまった。たかがと思われるかもしれないけど。しかしわたしにとって湯浅将平Base Ball Bearをより深く好きにさせた人だし、何よりライブの楽しさを教えてくれた人だった。Base Ball Bearに限らずいまやライブに行きまくっているけど、そもそも以前は好きなアーティストでもライブの魅力はイマイチわからなくて行こうとも思っていなかった。それをこうも、楽しいことを教えてくれてわたしの人生を変えてくれた人で。なのでほんとうにつらいです。

 でもだからといって悲しいことしかなかったわけではなくて。湯浅将平がいなくなってから最初のツアーはサポートギターにフルカワユタカ氏が着いて。恥ずかしながらフルカワユタカというかDOPING PANDAも知らなかったのでこれを機に聴いてみたのですが、まあかっこいいこと!最速でファンになってしまった。とか、ハヤシくんがサポートしたこときっかけで10年振りくらいにPOLYSICSのライブ行ったり、今のサポート着いている弓木英梨乃さんのことが大好きになったり。こんなことが無かったら出会えなかったこともあるわけで。どっちが良い悪いとかじゃないんです。やっぱり湯浅将平がいなくなってからのライブは個人的に熱量が落ち着いてきたなとも思うし。

つらいなってなるの、大好きな湯浅将平がいなくなったのもあるんだろうけど、Base Ball Bearはこの4人こそがBase Ball Bearっていうのをとても打ち出していたからそれが崩れてしまった悲しみもある。

 

 あとは2016身内がマルチのだめなハマり方してまいった。ほんとにこういうことってあるんだなと。マルチトーク抜きにしてもなんか偉い誰がこう言ったすごい誰が尊敬してる誰がとかそんなんで、で結局このひと他人のことばっかでこのひと自身は空っぽになってしまったことに気づいて、さすがにちょっと悲しくなったな。典型的海外age日本sageナチュラリスト極まれり日本の広告is悪みたいな感じで、インターネッツすぎて面白かったけど疲れますわな。

あと一人暮らしはじめてパソコン壊れて部屋も覗かれたな

 

なんかマイナスなことばっか挙がっちゃったけど、2016年とても楽しかった。なにより楽しい人たちと新しく仲良くなれたのが。なんか人間関係総ひっかえな感じだった。