備忘録

twitterでは収まらないこと恥ずかしいこと

あのねー色々考えるんですけど……湯浅将平のことを……ほんとやかましくてすみませんけど本当に大好きなので……
ふとしたときに今湯浅将平何しているんだろうとか考えて、でも全然想像できなくて悲しくなったりするんですね

まあしょんぼりするのはいつもの事なので置いておいて……湯浅将平はいなくなっちゃったけど、まずスターがサポートしてくれたでしょ
それでわたしはスターの事が大好きになって、わたしだけでなくて他にもスターのことを好きになった人もいると思うし……
それでスターにとっても、サポートしたことによってバンドからのソロについての立ち位置とか、純粋に制作についての見方とか、わりとターニングポイント的なことを今回インタビューで言っていて

湯浅将平がいなくならなかったらもしかしたら未来永劫田渕ひさ子さんがBase Ball Bearを演奏するなんて無かっただろう、ましてや田渕ひさ子さんのギターでリテイクするなんてことは絶対に無かっただろうことで
今回サポートの弓木さんのこともわたしは大好きになっているし

ほんとにいろんな人が、人が人と人との中で生きてるんだなと思って、いやよくわかんないんだけど
スターのインタビュー読んで、サポートしたことによってこうこうこうで、ってのを見て、生きてる……って思ったんだよね

湯浅将平がいなくなって悲しいし虚無だしもうどうしようもないんだけど、一方でそれによっての新しい出会いがあったわけで わたしにとって
どっちが良いとかそういう話じゃないんだ、湯浅将平がいたら、まだライブに行く前の熱量は高かった、やっぱ最近は穏やかな気持ちになっている
わたしの視界の真ん中にいた湯浅将平がいなくなってしまったから、でもそれによって視野が広がりもした
どっちが良い悪いの話じゃないんだよ
難しい